2018年10月16日火曜日

朝顔で戯言


まだまだ真っ盛りのように
咲いてる、たぶテラスの朝顔。
ほんと、いつまで咲くんだろう。
近頃の新種だんだろうか。

朝顔って、朝顔市なんてあるし、
夏の花じゃないの??
と言うことで、ひと言、なんです、
はい。(と今様の使い方??~皮肉です、はい。)

さて、「戯言」;
朝顔の季語は「秋」、だと。何故って、立秋から以降は、秋だから、と。
う~ん、旧暦と新暦の関係か。はたまた、太陽の運行に寄ってるのかも。何せ、秋分は昼と夜の時間がほぼ同じだし、夏至は春分と秋分の中間で、夏至と秋分の中間が立秋ということだろう。それにしても立秋はまだ残暑にもならないほどの時期だし、秋の気分なんてない。
24節季にカギがあるのか??~節季は中国内陸部発祥だろうから、
太陽の影響を海の近くより直接的に受けるから、もう、秋、かも。
~と思って、調べたら;西安(長安)も洛陽も8月はまだ30℃。で次にウランバートルはと、そしたら、20℃位に下がり始めてる。ん?節季の期限と合わない……結局、分からない。
~お終いまでお付き合いくださり、感謝。…たぶ庭は今、小さな秋。
   *「たわごと」~難読語ですけど、高校時代の新聞のコラム(天声人語を真似た)
     の名がこれだったから、知ってるんです。

2018年10月15日月曜日

落ち柿



今朝、小道を歩いてると、柿一つ、小道に落ちてた。

殆ど全てのの葉を落とした、
あの台風の風にもめげず、
ただ一つ残ってた『最後の一柿』、
熟して落ちた。
   (写真はそれを拾い上げ、道端の鉢に置いたもの)
にも関わらず、つぶれてもいなかったのは、何か、奇跡か??
~「熟す」とは、「太陽」か。然り。

☆昨日は、中々いい時間を過ごさせてもらった。
 藤沢市民オペラ;藤原歌劇団招聘の「椿姫」
    ~中村恵理さんの歌声・演技、感性、すごく細やかな女性。

2018年10月14日日曜日

11月のたぶコンのご案内



11月のたぶコンは、

 『宇宙の竪琴~
  リラ・コスモス 
  ライアーコンサート』

平川絵里子さんと発地美枝子さん
お二人の、ライアー・アンサンブル。

ライアーは、「千と千尋の神隠し」で有名になった、写真の楽器。

是非一度、お聴きになられることをお勧めします。

★★ご予約受付けています(下方)。

○開演日時:2018年1118日(日)14
○演奏者 :リラ・コスモス(平川絵美子・発地美枝子) 
○演奏曲目:★カノン(パッへルベル、編曲;田嶌道生)
      ★オンブラ・マイ・フ(ヘンデル、編曲;久木山直)
      ★小プレリュード№4(バッハ)
      ★ピアノソナタ悲愴第2楽章(ベートーベン)、他。
○入場料 :2,500円(お菓子・飲み物代を含む)
○会場・席数:Art&DiningSpaceたぶのき~25

○リラ・コスモスの略歴(リラは竪琴、コスモスは宇宙)
  音大卒業後、それぞれが音楽と関わる中、ライアーと出会う。
  池末みゆき氏に師事。
  2009年にライアー・アンサンブルを結成し、演奏活動、作曲・編曲を手掛けつつ、ライアー教室、朗読・ヨガとのコラボなど。東大寺二月堂「華の仏さま展」・スターバックス鎌倉御成店ライブ・国際ヨガDAY特別コラボレッスン・葉祥明ミュージアムコンサートなどのコンサート。
  CD~「月夜琴」「Teardrop」「癒しの竪琴ライアーが奏でるやすらぎのメロディー」「ライアーで聴く美しの里」(Amazonニューエイジ部門で1位を獲得)。

★★予約受付⇒たぶのき(店内・電話・e-mail)にて。
   電話;090-6546-7148 
         e-mail;tabunoki@jcom.zaq.ne.jp 
   鎌倉市腰越3-32-23
 

2018年10月13日土曜日

ルッコラの花


朝は20℃を切ってきた、この頃。
いよいよ秋本格的か。
「涼しくて気持ちいい」から、
「肌寒い」。

写真は、
 たぶハーブ畑に咲く、ルッコラ。

野菜コーナーにあるのは、
一年生のルッコラ。
⇒写真の、これは多年草のルッコラ~この方が胡麻の香り、強い。

なのに、葉が細くて小さいから、ばさっと盛るピッザ・ヴェルデなんかには、
ボリューム感が出ないから、使われないんだろうなあ。
ま、香りも強すぎるのか~故に、あんまり流通しない、ということか。

たぶ畑には以前は、中々太い、木のようになったルッコラがあったけど、
いつしか枯れてしまって、これは昨年ここに落ちた種が発芽したもの。
~種は毎年落ちるから、毎年、収穫できる。よしよし。

☆黄色の4つ葉は、アブラナ科;中々可愛らしい、…かと。

2018年10月12日金曜日

1173



表題は、そう、その筋の人が
よくシリンダー錠のナンバー
なんかに使ってて、海岸近く
の駐車場で車を盗まれる
という。そりゃ、すぐに分かる
でしょ、盗人にも。理解不能。

今朝は特に、いい感じに。
で、「いい波」お見せしようかと。

中々反り返ってて、ま、北斎の「神奈川沖」の波のようでも。

けど、実は、正面から見ると、モヒカン、でもあって。
~まだ真ん中しか頭髪が長く生えてないから、そんな髪型の、孫3号。

2018年10月11日木曜日

Two colors 明日から


10月の展示;

渡辺史さんと保坂翠さんの

Two colors

   明日、12日からオープン。
         30日まで。

☆写真上;渡辺さんの「カラー」と「ウコン」、
               保坂さんの漆の指輪など。
☆写真下;保坂さんの漆の小物入れ。

漆作品は、
 *お手に取ることもできます。
   ~写真の小物入れは、
     乾漆なので、見た目より
     すごく軽い・・・。
 *他に、アクセサリー・箸・
   箸置き・器など、展示。

★ご来廊、お待ちしております。

2018年10月10日水曜日

小さな命



☆写真は、たぶ小道の柚子。
 ~だけど、今回の主役は柚子の実、
じゃなくて、その下に身を隠してる?

小さな渦巻き;命。
こんな小さな蝸牛は初めて。こんな所で見るのも初めて。

前にも書いたけど、
たぶ庭には、けっこう蝸牛が住んでる。
あの暑い夏も乗り越えてこうして小さな蝸牛もいる。・・・?
凄い、生命力。
  *レモンの葉の裏側とか柚子の葉の裏側とかでたまに見かける。


2018年10月9日火曜日

珍しい夏みかん



先日の台風の塩害で、こんな姿に;
いつもは緑の葉が生い茂ってて、
見えないだけど、緑の実が丸見え。
こんな姿、見たことない。
 ~しかも他所の庭の木も同じ姿。

月曜ゴミ出しは、草木の大山。
ほんと、中々凄い塩風、だったんだ。

来年になったら、黄金色の、この姿、見れる?はず?
ん?このまま日光に当たってたら、早く熟す?落ちてしまう?

~~毎年、ジャムやピールを作ってる「夏みかん」の木。

2018年10月8日月曜日

おもちゃの宝石??


写真のこれ、乳児健診でのお駄賃??
孫2号が早速いただき、大はしゃぎ。

小生は(ま、どうでもいいことだけど)、子供のうちは中性的なのがいいかなと思ってるのに、完全に「女子」。~仕向けたわけじゃないのにどうしてそうなるのかなあ・・・。

それはそうと、今日の話は、このおもちゃ。
~この細工、なんとも、凄い。
 写真で見るより実物で見る方が一層すごい。

この写真の「宝石」、何も嵌っていない。

プラチナ色に塗られたプラスチックに凹みが作られてて、そこに透明な赤や青が塗ってあるだけ。それで宝石が嵌ってるように見える。「ダイヤ」は、プラチナ色の凹み。
ちょっと見、分からないけど、持つと軽いからすぐわかる。~凄いおもちゃ。

☆モデルは、3か月をすぎた孫3号;何されてるのか、分かってない。

2018年10月7日日曜日

10月の展示



10月の展示は、
 いつも秋に開催してくれる、

渡邉 史さん(絵)
保坂翠 さん(漆)の

Two colors

会期;10月12日(金)~30日(火)
  open  11:30~17:30
  定休日 水曜・金曜日

やって来る秋、過ぎて行こうとする秋を、
小さなたぶのき展示空間で、そしてまた、
観光客とは隔絶された、ヴィネチアの小さな中庭にあるような
たぶのきテラスで、お楽しみいただけたら、と思います。

     (展示の開催に合わせ、12日からリオープンします。)

2018年10月6日土曜日

笹 というか 竹??



台風25号がやや北の進路になった
そのせいか、
関東だけ、
  夏が舞い戻ったような天気。

☆青空に映える明るい緑。
 ~だけど、暑い。
 ~気になった枝をちょっと剪定などするだけで汗をかく。
 ~ま、これは日頃の運動不足によるものか。たはっ。

☆実は、この並びの笹・竹、お隣にかなりはみ出してしまってて、
 カットしなくちゃならないんだけど、良い天候に恵まれず
 (半分、それ以上の言い訳)、今のところ、宿題。

2018年10月4日木曜日

この季節 じじばばは


10月は、秋晴れ、このイベント、
のはずが、今年の天候、
そうもはならず、雨が心配される中、
ま、ぽつぽつと来る位で、無事終了。

じじばばの日頃の行いのせい・・・??

今年は「年中」。
 何をするのかわかってるようで、中々きびきびとしてた。
  「年長」のかけっこのゴールテープを任されたのも、良かったのか。

☆お蔭で、じじばばのお昼、近くのトラットリアでワインつき;殊更、美味。

2018年10月3日水曜日

帆船



これは40年以上前の作品。
~37年ほど前に逝った義父が、
 瀬戸内海の弓削島にいた折に
 作った帆船。

プラモデルじゃなく、
 全部手作り()~素人としては中々。凄い。
    *まあ、船系の学校にいたとはいえ、設計図もなしに、船体や各パーツを一々
     木から削り出し、布を切り、縫った帆ほか、全部が手作り。
     小生も工作、嫌いじゃないけど、ここまではできない・・・。

しかし、その昔の孫たちは殆ど興味を示さなかった代物。
 そろそろ断捨離か、と出して来たら、今の孫たちが食いついてきた。
  今にして浮かばれた。~ま、船だから浮かぶ・・・。
  →その証拠が甲板に;小さな(船と比較すれば、大きな)パスタ皿。

          ・・・さて、この後、いつ、断捨離できる??

2018年10月2日火曜日

台風一過



この台風は凄かったけど、
まあまあ被害も最少で済んで一安心。
   *梅とレモンの葉が少し塩枯れ。
    (水かけたけど、残念。雨やんだのが早過ぎた)
    柿の実が1つ残して落下。
    鉢が3つ倒れた。
    ベランダのラティスの古い桟全部と
    洗濯ハンガーも5つ全部落ちた。

突き抜ける青空。
風が吹き抜けるテラスが心地よい場所に。

☆写真は、右に電線が写るけど、カット;その分やや中心がずれた。
 しかし、いい青だった。~もう秋の青。

☆個人的なことだけど、昨日めまいが少々ひどくなり、戻したもん
 だから、掛りつけに行ったら、めまい緩和を処方してくれた。
 けど、これ、対処療法だからと、今日、耳鼻科に行ったら、
 メニエルの初期だと。びっくり。とりあえず、薬処方してくれ、
 また土曜日に行くことになった。~加齢って、楽じゃないな。
   (と言いつつ、昼には海鮮丼とビールを楽しんだ。ははは。)

2018年10月1日月曜日

江の島の海



一夜明けた朝。
まだ波高し。

☆写真は我が家から見た、今朝の
 湘南港の白灯台に砕ける白波。

☆母屋は3階建。それ故か、
 昨夜の強風で、揺れに揺れた。
 ・・・台風で家が壊れたっていう話は聞かないから、
   ま、大丈夫だと思ってたけど、震度1~2位の体感の中では、
   案外眠れず;2時ごろまで2~3時間続いてたか。

2018年9月29日土曜日

もうこんな季節?



この辺りでは、
箱根・仙石原が有名だけど、

そこがやっと、いい季節に
なってきたというのに、

古都の外れの丘の上に、

もう、すすき。(昨日の写真)

今日は、前線と強い(950HPは凄い)台風のため、雨模様。
~今は、嵐の前の静けさ、の中。
              *明日・明後日と足早に列島を縦断するという。

2018年9月28日金曜日

材木座の山上から



「あ、ここから江の島が見える」と、
初めて気づいた。
娘の友人の墓参りについて行って、
山上に行ったが故の、景色。
~手前は由比ガ浜、左には見えないけど稲村ケ崎。背景は箱根の山。

灯台が突き出てるんで、よくわかる。

 ~これ、夜には灯台のサーチライトがよく見えるんだろな。
 ~ま、お墓だから、行く人はいないかも、ね。

お彼岸中に行こうと思ってたけど、悪天候ゆえ、快晴の今日になり。
実は、お墓の彼岸花がどうなってるか、見てみたかった、とか。
1輪、咲いてた(過去形);その形跡あり~烏の仕業か、切り倒されてた。

やや残念。

さて、今日のお昼は、ちょっと行ってみたかった、若宮大路のピザ。ま、中々。  

2018年9月27日木曜日

最近 見てるTV



TV番組の選択って、
案外、微妙だと近ごろ気が付いた。
~局の方針が変わってくるのと、
 見るこちらが変わってきたのと。

ご多分に漏れず、旅番組・料理番組が、ま、好みなんだけど、ここにも、どうして民放をあまり見ない理由がある;民放の出演者がみな台本通り(制作者の軽さが垣間見える)、か、バカ丸出しで、面白くない。

一方、某公共放送はと言えば、大物アナが辞めた時期に合わせるように、「民放化」が目立につくようになり、やや嫌気がさしてる。ま、それでもいい番組がまだ沢山ある。某E何とかの方は、外国語講座は勿論、小学生向け番組が大人にも面白いし、相変わらずのお気に入り。その中でこの夏からのお奨めは写真の5分番組。~ま、孫がらみなんだけど。とほ。

もう一つの変化を言うと、これは今年初からなんだけど、今、一層気に入ってる、東京の最小民放。面白いし、お金をあまりかけずに知恵で作ってるのが、好感が持てる。ま、金がないから、企画力で勝負するしかない、ということか。逆の見方をすると、これ以外は企画力がイマイチと。

2018年9月26日水曜日

ハイビスカス



何だか、寒い日が続いてる。
車の外気温度計も18.5℃。
雨がしとしと、時にザーッと。

そんな中、テラスに咲いてた
ハイビスカス。

えっ?熱帯の花じゃないの?
大丈夫なの?と。

と言うことで、面白いかと…そして、きれいな花;雄しべ雌しべ、だったんで。
2度目の登場、否、掲載。
                     中々、くっきりした雄しべ雌しべ、でしょ。

2018年9月25日火曜日

嵐のよう



何によるのかわからないけど、
朝から怪しい感じで、
お昼を過ぎたら、薄暗くなり、
 雷鳴がし出し、
  雨粒が大きくなり、
   突風が吹き始めた。

いつも見てる天気予報を見たら、
雨雲が赤くなってきた。
(写真;まだ赤いのは平塚辺りなのに…。)

ま、仕方なし。
 川島さんの楽日だけど、早く店じまいが賢明か…どうしよう。

2018年9月24日月曜日

渋滞の向こう



毎週末、渋滞。
近隣の他府県ナンバーが多いけど、
地元ナンバーも混ざってる
        (当然だね)

今週は、いつもよりひどい渋滞。
  ~やはり、3連休だから、か。
そういう時は、もっと遠出すりゃあいいのに。

☆写真は、龍口寺前。~ここに江ノ電が絡むから、この場所初心者には
  中々大変な交差点でもある。けど、不思議に事故は見ないな。
☆たぶのきは、この交差点から入る細い生活道路の先、徒歩5分;静か。
  故に、観光客とは無縁。ではあるけど、
  たまに日蓮宗の寺巡りとかのウォーキンググループが通る。
  勿論、生活者は大勢、通ってる。自転車も。時に車も。

2018年9月23日日曜日

みずひき



秋、
今、彼岸花が真っ盛り。
(これは第2移動地の花。実は、
 更に右側にも侵略してる。)
(後の大きいのはアロエベラ。)
ですが、これは脇役。

今日の主役は、写真全面に写ってる、みずひき。

☆先月末に行った八ヶ岳の棒道にもたくさん見られたけど、
 ま、野草なんですね。~たぶ庭のも、他の草花に負けず、強い。

2018年9月22日土曜日

紫式部の小道



野暮用で出かけた折に、
ちょうど良い時季かと、
           ちょっと寄り道。
その思ったとおりだったのが、
写真。~中々、でしょ?

加えて、昨日の霧雨ゆえ、
  他に歩く人もなく、ひと時、一人
                          ゆっくり楽しめました。
                     鎌倉のこの時季の穴場。

2018年9月21日金曜日

もう一つ 秋


昨日から雨模様。寒い。
朝のうち、外気温17.5℃の表示。
~ほんとかな?と思ったけど、

夕方のニュースで、
 今日は20℃に達しなかった。
        11月初旬だと。
何とも変化が凄い。
~一枚どころか、二枚重ねねば。

☆昨日に続き、秋;これは昨日の写真;たぶ小道の「青柚子」。

  ~ 「青」って言うけど、ま、日本の色って、中々。
     信号も緑を青って言うし、ま、何とも……何かあるんだろ。

2018年9月20日木曜日

柿ひとつ



柿 ひとつ
否 ふたつ三つ
実る 秋
 (たぶ小道の柿の木、その情景を描く)

秋雨前線 活動中 今はしとしと
今夕から 雨風共に強くなる と

☆昨日は、「夫婦で人間ドック」の日。
 ~胃カメラ飲んで、初めての組織検査で、胃の外皮を採取された。

  それはいいけど、3日間、飲食制限つき;ビールは飲めないし
  脂っこいのもコーヒーもダメとは、とほほ。 
  
  それはそうと、昨年までは血液サラサラの薬を飲んでると
  ポリープなどあっても採れませんからと言われてたのに、何故?
  ~検査したいものがあったから??~それって、やばい??

☆蛇足(また)~昨日の昼食にしゃぶしゃぶ、夕食は刺身食べて、
 体調に変化はなし。
 ~ま、脂っこくない物だったし、ビールも飲んでないから、か。

2018年9月18日火曜日

曼珠沙華


いつもは彼岸花って言ってるけど、
ここでは特に「曼珠沙華」。
~白い彼岸花と区別するために。
たぶのきでは、敬老の日に咲いた。

何とも季節を感じさせてくれる花。

☆蛇足~彼岸花って、彼岸と言う
    言葉から一部に忌み嫌う
    向きもあるとか。墓=死の短絡的発想なのか・・・。
    死も墓もそんなもんじゃないのに。
    …因みに「曼珠沙華」って仏教のサンスクリット語で、
    「天上の花」とか。

2018年9月17日月曜日

今は 豊水



この前いただいた梨が何とも美味しかったんで、その栃木の梨園に注文したら、時期的に今の梨は「豊水」とのこと。
この前のは「幸水」、何とも甘い品種だったけど、豊水は甘酸っぱい品種。これも中々旨い。味が濃い。
9個入りで少し小さいかと思ったら、そんなことはなかった。
中々、満足。

2018年9月16日日曜日

見つめられてる


たまらないですね。
・・・こうされたら、動けない。
大人げなく、照れちゃう??

近頃、眼も働くようになってきて、手も何かに触ったり、口元に持っていったり…、成長著しくて、ママ、中々嬉しそう。…忙しくもある。

☆因みに写真に写ってるのは、ばあば、かと思ったら、やはりママ。
 ~何とも幸せそう。

2018年9月15日土曜日

この時季の花だけど



ちょうど秋雨前線がいて、
今日も雨。
しとしとと、梅雨のよう。

気温の低さは助かる。
水遣りしなくていいのも、
ま、ありがたいけど、
外出が億劫になり、洗濯が乾きにくいのは困る。

ふと、気が付いたんだけど、彼岸花が咲いてた。
昨日ハーブ畑の草むしりをしてた時には気が付かなかった。
だから、昨日は咲いてなかった、なんて言うつもりはさらさらない。
寧ろ、歳相応に色んなことに気が付かなくなってきたんだ。
まあまあ、か。

それにしても、例年、紅から咲き出す、その紅はまだ蕾状態。
白だけが、今年の気候に惑わされたのか……。

たぶ庭には、その昔、親戚の庭からきた白彼岸花が咲いてる。
 (同じ系統で、親の墓では紅白の自然交配により、紅白の縞模様の花も咲いてた。)

2018年9月13日木曜日

屋台


昨日、近所のお寺の「法難会」の日。
~古い縁日ゆえ、曜日に関係なく、
 毎年9月12日に行うと決まってる。

☆写真は、午後の撮影。
というのも、「万燈」が集まってくる
夜は、当然、それを見る人も大勢集
まって来るから、この、お寺の境内
は歩くのもままならぬ状態になる。故に、夜店をゆっくり見るには、この時間が一番。と説得して出かけたもの。
~実は、孫2号は夜にもパパに連れられて行って、おもちゃ2個にチョコバナナ・かき氷も買ってもらったとか;パパ、甘過ぎる
・・・その分も見越して、じじばばは、厳しくする!

(先日掲載したイモムシ。実は違ってて、「スズメガ」の幼虫だった;
 尾の方に、特徴的な「アンテナ」があった。~故に、始末した。ま、ちょっと可哀相だったけど。)